設置方法

G-Bowlアプリの画面が車の進行方向を向くように車内に設置します。見やすいように角度をつけて起こしても構いません(垂直まで)。また、iPhoneを横画面にしてから設置することで全画面グラフ表示での計測も可能です。

設置で一番重要なのは振動の少ない場所を選ぶことです。設置場所が悪いと、正しい運転操作をしても車の振動で乱れたグラフになります。フロア上かフロアに近いセンターコンソールなど安定した場所に設置するのがベストです。ダッシュボードやオーディオ周辺は意外に振動があります、また吸盤式のiPhoneホルダー等も振動を増やす要因になりますのでお勧めしません。

iPhone設置後、車を水平な場所に停め、アプリの[Calibrate]ボタンを押して水平をリセットします。これで準備完了です。

 

 

使い方

走行計測

設置、後、[Start Driving]ボタンを押して計測開始です。[Stop]ボタンを押すまで走行データがリアルタイム表示&記録されます。

GPSが有効な場合、信号待ちなどの一時停車中は自動的に計測を一時停止/再開します。

走行中はGの強さに応じて音が出ます。またGリミッター(初期値0.4G)を超えた場合に警告音が鳴ります(どちらもON/OFF可能です)。

グラフへのタッチ操作でスケール変更、[Opt.]ボタンで表示オプションの変更、[GRAPH]ボタンで6種類の表示モードを切り替える事が出来ます。

 

走行ログ

メイン画面右上の[Log List]ボタンを押すと、過去に記録された走行ログリストが表示されます。再生したいログをタッチで選択します。
(不要な走行ログは右上の[編集]ボタンから削除できます)

ログを長押しするとオプションメニューが表示され、ログを比較データに設定したり、
メールで送信することができます。
(メールはG-BowlアプリがインストールされたiPhoneで受信し、添付ファイルをタップする事で読み込むことが出来ます)
また、CSV形式で送信してPC(Excel等)で読み込むことも出来ます。

再生画面では走行ログの再生、送り、戻し、また直接グラフをスワイプ、ピンチ操作することができます。 また、グラフの右(左)端をタップすることで次のスコア記録位置に素早く移動出来ます。

画面右下の[Mode]ボタンにより4つの画面モード
・地図+メインGグラフ
・地図+サブGグラフ+メインGグラフ
・地図+比較用Gグラフ+メインGグラフ
・G-Bowl+Gメイングラフ
を切り替えることが出来ます。
(※画面は2グラフ比較モード)。

画面下の [Opt.]ボタンを推すと「グラフオプションメニュー」が開き、グラフのモード切り替え、印刷モード、速度表示、ヨーレート表示、躍度表示、生データ表示などを切り替えることができます。

また以下の操作が可能です。
・グラフをピンチ→ タイムスケール一時変更
・グラフを上下にドラッグ→ Gスケールの一時変更
・グラフを2本指で上下にドラッグ→ ヨースケールの一時変更
・下段グラフを3本指で長押し→ 速度表示オンオフ
・上段グラフを3本指で長押し→ ログタイトル表示オンオフ

画面左下の[Edit]ボタン押すと、「グラフ編集メニュー」が開き、このメニューから、グラフのカット編集、コピー保存、グラフ画像のイメージ保存、情報表示、振動ノイズ除去の再処理、ドライバー名変更などの操作が行なえます。

※振動ノイズ除去はオリジナル記録データから再処理するため、データ劣化無く何度でやり直せます。

グラフ右下の [GRAPH] ボタンを押して、6種類のグラフモードを切り替えることができます。(グラフ2段表示の場合、上段は自動的に下段に対応したグラフモードが選択されます)。

ログ表示画面でiPhoneを回転させると グラフが全画面に拡大表示されます。