設置方法

iPhoneを車の進行方向の向きに設置します(見やすいように立ても構いません。またiPhone横向き画面での測定も可能です)。

設置で一番重要なのは振動の少ない場所を選ぶことです。設置場所が悪いと、正しい運転操作をしても車の振動で乱れたグラフになります。フロア上かフロアに近いセンターコンソールなど安定した場所に設置するのがベストです。ダッシュボードやオーディオ周辺は意外に振動があります、また吸盤式のiPhoneホルダー等も振動を増やす要因になりますのでお勧めしません。

iPhone設置後、車を水平な場所に停め、アプリの[Calibrate]ボタンを押して水平をリセットします。これで準備完了です。

 

 

使い方

走行計測

設置、後、[Start Driving]ボタンを押して計測開始です。[Stop]ボタンを押すまで走行データがリアルタイム表示&記録されます。

GPSが有効な場合、信号待ちなどの一時停車中は自動的に計測を一時停止/再開します。

走行中はGの強さに応じて音が出ます。またGリミッター(初期値0.4G)を超えた場合に警告音が鳴ります(どちらもON/OFF可能です)。

[Calibrate] 車両の水平を記憶します。
[C1][C2] 車両の水平のカスタム保存1・2
[Start Driving] 計測を開始します。
[Stop] 計測を終了(→走行ログに保存)
[Opt.] グラフの表示オプションを選択します
[GRAPH] グラフの表示モードを切り替えます
[Mode] 通常モードとPower Savingモードを切り替えます。
[Log List] 記録済みの走行ログリストを表示します。
[Settings] 設定画面を表示します。
G-Bowlイメージ タッチでボール軌跡のON/OFF、ピンチでズーム。
DriverA タッチでドライバ名を選択します。

走行ログ

画面右上の[Log List]ボタンを押すと過去に記録された走行ログリストが表示されます。リスト中のログ名をタッチしてログを表示、長押しすると操作メニューが開きます。
(不要な走行ログは右上の[編集]ボタンから削除できます)

ログを長押しするとメニューが表示されます。このメニューからログファイルをメール送信したり、2つのログを比較して表示する際のデータに選択することが出来ます。

メール送信(共有)したデータはG-BowlアプリがインストールされたiPhoneで受信し、添付ファイルをタップする事で読み込めます。また、CSV形式で送信したデータはPC(Excel等)で読み込むことが出来ます。

ログ再生画面ではグラフをタッチすることで再生/停止の他、ピンチ、ドラッグ操作が可能です。また、コーナーリング採点のスコアが記録されたデータではグラフの右(左)端をタップすることで次のスコア記録位置に素早く移動出来ます。

画面右下の[Mode]ボタンにより画面モードを切り替えます。

(A) グラフ1段表示
(B) グラフ2段表示地図(サブグラフ、メイングラフ)
(C)グラフ2段表示地図(比較対象グラフ、メイングラフ)
※画像は(C)の比較モードです。

画面下の [Opt.]ボタンを推すと「グラフオプションメニュー」が開き、グラフ表示に関する設定を切り替えることが出来ます。またグラフを直接操作することで以下の操作も可能です。

グラフを上下にドラッグ→ Gスケールの一時変更
・グラフを2本指で上下にドラッグ→ ヨースケールの一時変更
・下段グラフを3本指で長押し→ 速度表示オンオフ
・上段グラフを3本指で長押し→ ログタイトル表示オンオフ

画面左下の[Edit]ボタン押すと、「グラフ編集メニュー」が開き、このメニューから、グラフの編集操作、イメージ保存、情報表示、振動ノイズ除去などの操作が行なえます。

※振動ノイズ除去はオリジナル記録データから再処理するため、データ劣化無く何度でやり直せます。

グラフ中の[GRAPH]ボタンを押すことでグラフモードを切り替えます。

①前後-左右G 合成
②前後-左右G 独立
③減速Gのみ
④加速Gのみ
⑤左右Gのみ
⑥前後Gのみ
⑦すべて
⑧上下G(Z軸)のみ (上下G表示が有効な場合のみ選択可能)

画面モード(B)のサブグラフにはメインのモードに対応するモードが自動的に選択されます。

iPhoneを横向きにしての表示も可能です。